沖縄の塾 津田塾

崎浜 綾乃さん (さきはま あやの)

将来の夢:小児科医

琉球大学 医学部 医学科
(宮城小、仲西中、開邦高校卒)

1994年 沖縄県浦添市生まれ
2006年 宮城小卒業
2009年 仲西中卒業
2012年 開邦高校卒業
2012年 琉球大学医学部へ進学

はじめに

津田塾の皆様こんにちは

仲西中から開邦高校理数科を出て今年 琉球大学医学科に入学した崎浜綾乃です(*´∀`*)ノ

何を書こうかとすごく悩みました。。。

以前、伊元栄人くんが琉大医学科の詳しい説明はしてくれたので、私の方はみんなが一度は悩む「志望校決定」に関してと、「大学生活」について、私の経験を少し書いていきたいと思います。

 

志望校を決めることについて

まずは「志望校決定」についてです。(`・ω・´)キリッ

現在、琉球大学で勉強  させてもらっていますが、もともと私は京都大学薬学部を目指していました。

「何かを研究したい」というすごく漠然とした目標を持っており、

また「京都大学」という名前に憧れていたからです。

その一方で医師という職業にも興味があり、琉医は第二志望でした。

そんな状態で高2の冬くらいまでどこに進むのか迷っていました。

琉医に決めた理由は、医師免許を持っていた方が研究の面でも医療の現場でもできることの幅が広いと知ったから…、

というのもありますが、正直半分くらいは成績の問題でした。

高3になって模試を受け、返ってきた成績表を見て、残り1年で今の状態から京大レベルまでもっていくのは無理だと感じたからです。。。(´・ω・`)

 

それから琉医対策に打ち込みましたが、今まで京大を意識して応用問題もこなしてきていたので

気持ちも比較的楽に勉強することができました。

なので、1,2年生は目標を高く持ち、それに向かって頑張ってほしいです。

そして3年生になったら自分の成績を見て現実的に考え、精一杯の努力で達成できそうなところを目指してほしいです  ∩( ´∀`)∩

 

自分で決める大学生活

次に「大学生活」についてです。

大学と高校とではたくさん違うところがあります。

その中でも、特に戸惑ってしまったのが時間割は自分で決めるということです。

噂には聞いていましたが、全部自分で決定しなくてはならなくて、必修の授業が入っていない時間に自分が選択した授業を入れていくのですが、このやりくりがすごく大変でした。

授業の内容は、1年生はあまり医学的な専門の授業は少なく、一般教養と呼ばれるものがメインとなっています。

ちなみに私は陶芸の授業をとりました。

また、同じ1年生でもいろいろな人がいて、県外からきた人、他の学部を卒業し就職もして、でもやっぱり医学部にきたという人や、タイからの留学生もいます。

高校と比べていろいろな人と関わり、

いろいろな考え方に出会えるのでおもしろいです。。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。

 

受験生の皆さんへ

最後に、津田塾の受験生の皆さんに向けて。

人それぞれ、得意なこともあれば苦手なこともあると思います。

私は社会科目がとても苦手で、地理は高3の夏になっても赤点(100点満点の34点以下)超えるかな?というレベルでした。

これはまずいなと思い、学校や塾で相談に乗ってもらい結局地理はあきらめて現社で受験しました。

苦手科目で行き詰っている時は、それを乗り越えるために頑張るのが1番いいことだとは思いますが、他に選択肢はないのか探してみることも重要になってくると思います。

なので、勉強に行き詰ってしまった時は1人で考えず、誰かに相談してみてください。(っ´∀`)っ

津田塾には頼れる先生がたくさんいるので、自分では思いつかない新しい可能性が見つかると思います。

 

現在私も高校部のチューターとして皆さんの夢実現を応援しています `・∀・)b