沖縄の塾 津田塾

お知らせ

「親子で共に考える進路」平成二十五年度入試・進学説明会を開催しました2012/10/28

進学説明会(東風平教室)

10月11日、東風平小中において中三生の保護者の方を対象に「平成二十五年度入試・進学説明会」を開催しました。平日の忙しい時間帯にも関わらず多くの保護者様に参加いただき感謝します。

選択肢の多い大学入試とは異なり、高校入試は校区も学科もある程度限られた中での進路決定となりますが、入試の点数のほかにも中一からの内申点(通知表)も関係してくるので進路決定において悩む生徒、保護者の方も少なくありません。また当然ですが、高校生活を体験したことのない子ども達にとって高校を決める情報といえば、イメージであったり先輩達からの情報が主ですが、体験入学なども行われているのでそこでの説明を参考にする子もいます。そこで私たち(保護者・学校の先生・塾の講師)の出番です。我が子の将来の夢を単なる夢で終わらせないためにも、親子でよく話し合い充分に悩み、最高の選択肢を選んで欲しいと思います。そろそろ推薦入試の申し出や私立の入試が始まります。塾でも面談など随時行っていますので、ご相談や要望がありましたら気軽にご連絡ください。子ども達を全力で応援します。

楽そうだからと言う理由で進路を決定することは絶対に止めてください。
楽をしたいという理由からの志望校変更は何のメリットもありません。
今後の人生の岐路においてもまた楽することを選択することになります。
勉強についていけるかが不安だからという理由で志望校のランクを下げそうな子へは何のために進学するのか原点に戻って自分自身と向き合わせてください。
合格できたということは入学を許可されたということですから、初めからキチンとやればその心配はないはずです。
勉強ばかりで嫌だという子も同様です。
逆に内申点などの理由から第一志望校を断念せざるを得ない子へは、勝負は三年後であることを忘れずに進路決定をして欲しいです。
通過点の高校では第一志望ではなくとも逆転するチャンスはまだまだあります。
今の気持ちを忘れずにいれば夢実現できるはずです。