沖縄の塾 津田塾

お知らせ

第39回NPO塾全協全国研修大会in鳥取に参加して2013/11/20

11月10日(日)鳥取県のとりぎん文化会館において、NPO法人塾全協の全国研修大会が開催され、その大会へ参加させていただきました。研修大会は全国会長である後田多純寿塾長の挨拶で始まり、会場は全国各地から参加した大勢の塾人や教育関係者で埋めつくされました。

DSC02350 DSC02351

テーマは『人口減・少子化時代における学習塾の活路を探る』と題し、島根県隠岐國学習支援センター長である豊田庄吾氏が基調講演を行いました。

現在日本各地で少子高齢化と共に過疎化する地域が増え、今後さらに増え続けると言われています。豊田氏は人口減少・過疎化は一部地域の問題ではなく、日本全体の問題であるという視線から何とか解決の糸口を見つけたいと島離れや後継者不足に悩む隠岐國に移住し様々なプロジェクトを立ち上げ、未来の担い手を育てるために地域・学校・行政と一体となって取り組んでいます。

 豊田氏の講演に引き続き第二部では、(学)湯梨浜学園理事長、(学)鶏鳴学園理事長、NPO塾全協西日本ブロック研修局長から、将来の人材育成のために子供たちをどのように育て学力をつけさせていくか、日々の取り組みが紹介されました。

DSC02364 DSC02359

津田塾においても通ってくれている子供たちを、ただ学力だけではなく、将来、沖縄の人材として活躍できるように日々応援していますが、今回の全国研修大会に参加させて頂き、あらためて塾生たちに素晴らしい人材になれるように働きかけをしていきたいと思った次第です。

教育に携わっている人々の熱い情熱を感じた一日でした。