沖縄の塾 津田塾

お知らせ

津田塾の「二者面談」2013/1/20

1月16日(水)に、小学生から中学2年生までの生徒と二者面談を実施しました。ここで津田塾の『二者面談』がどのように実施されるのかをご紹介します。

まず小 学生から中学2年二者面談1生は、塾内の実力テスト「Vテスト」を受験してもらいます。このテストは小学生は毎月、中学生は学校の定期テストが無い月に実施されるものです。クラス分けも兼ねているため、子どもたちは事前に配布された範囲表を元に、Webテストや塾のテキストを利用して勉強し、試験本番に向けて真剣に準備します。この取り組みを通して『勉強のやり方』『試験本番での問題の解き方』など子どもたちに身につけてもらいます。 学力を伸ばすには、テスト後の復習が不可欠です。解いた後そのまま放置するのではなく、どういう取り組みをしたのか、それがどのような結果になったのか、次はどういう目標を持って勉強していくのか、という振り返りと、新たな目標を担任と相談しながら確認していく場。それが二者面談です。ベスト席次を出して喜ぶ子、クラスが替わることになって悔し涙を流す子、「次はこの科目で満点を取る!」と宣言する子…二者面談では子どもたちの様々な表情や本音を見ることができます。

二者面談4二者面談3二者面談2

1月17日(木)には、中学3年生の生徒たちと『志望校決定二者面談』を行いました。その日の午前中には津田塾の全社員で「志望校判定会議」を開き、中学3年の受験生一人一人の成績の状況・志望校について話し合い、志望校変更の必要があるのか無いのか判断しました。高校受験という大きなハードルに向かって日々子どもたちは頑張っています。津田塾としての意見を聞いてもらい、さらに家族の方、学校の先生方の意見も聞いてもらい、色々悩んだ末に子どもたちは自ら結論を出します。

子どもたちの意思決定・進路決定に大きく関わる二者面談です。子どもたちの勉強のサポートをこれからも様々な形で続けていきます。ご家庭のほうでも、子どもたちの頑張りを褒めてあげてください。